ウォーターサーバー どれがいい

人間にとって水とは

人間にとって水は、非常に大切なもので、体内から水がなくなってしまえば、生きていけません。

 

人間は、水の中で誕生した生命を受け継いでいる生物のひとつで、人間の体は、ほとんど水でできているといってもいいくらいです。性別や年齢によって違いはありますが、人間の体の50%〜75%は水でできています。成人で60%〜65%くらいです。

 

それで、体内の水が不足すると熱中症とか脱水症とかさまざまなトラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。

 

日本では、水が豊富なので、わたしたちは、日常、水を飲んだり、料理したり、お風呂に入ったり、顔を洗ったり、お掃除をしたり、当たり前のように水を使って生活していますが、あらためて水の大切さや水とどうつき合っていったらいいかなど考え直してみてはどうでしょうか。

 

水道水は安全か

わたしたちが一番よく使っているのが水道水だと思います。なんとなく「日本の水は安全」だと思っていましたが、実際のところはどうなんでしょうか。

困っている男性

 

・水道水になんとなく不安を感じている
・水道水は、臭いし、美味しくない
・お料理に水道水で大丈夫なのか不安
・お風呂のお湯がヒリヒリする
・髪を洗った後、髪の毛がゴワゴワする

 

等なんとなく不安を感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

水道水で問題なのが、人間の身体に悪影響を与える残留塩素です。塩素は、水道水の消毒に使用され、水道水の安全性を保ってくれます。しかし、水中の有機物と反応して、発がん性物質といわれているトリハロメタンを作り出してしまったり、カルキ臭の原因になったりします。

 

また、塩素は、大切な栄養素であるビタミンCを破壊し、肌や髪の毛のタンパク質を酸化させてしまいます。なので、せっかくのお料理も味を損ねてしまったり、肌のうるおいや保湿する機能を低下させ、敏感肌やアトピー性皮膚炎を誘発してしまうこともあります。

 

つまり塩素は、飲み水だけでなく、洗顔やお風呂などで、皮膚を通して体内に吸収され、人の体に影響を及ぼします。

 

赤ちゃんから大人まで、毎日の生活に欠かすことができない水です。この水道水の欠点を頭に入れて、自分の生活の中で、どう補っていくか、または改善していくかを考えると毎日のことなので、大きな違いがでてくると思います。

 

ペットボトルの水

水道水以外で、まず思いつくのにペットボトルの水があります。スーパー等に行くといろいろな水が並んでいます。この中から軟水か硬水かとか、バナジウムが入った水とか自分の好みの水を選ぶことができます。

 

赤ちゃんには、軟水か純粋がいいです。硬水ですとミネラル成分が赤ちゃんの消化器官には、負担となってしまい、体調不良を起こしてしまうからです。

 

硬水は、便秘解消に効果がありますが、胃腸への負担が大きい、下痢になりやすい等の欠点もあります。

 

また、バナジウムは、血糖値を下げる効果があります。

 

いろいろある中から自分に合った水を選ぶことができますが、難点は、ペットボトルの水をまとめ買いするとかなりの重さになってしまいます。また、保管しておくにもスペースが必要になります。それに毎日飲むとコスト的には高くなると思いますよ。

 

ウォーターサーバー

ウォーターサーバー

水道水でなく安全でおいしい水を毎日飲むとすれば、ウォーターサーバーがいいです。水が入ったボトルを運んでくれるので水を買いに行かなくてもいいです。それに冷水・温水が出るようになっているサーバーが多いので、冷蔵庫で冷やしたり、お湯を沸かしたりしなくてもよく、水がなくなったらボトルを交換するだけなので手間がかかりません。

 

ウォーターサーバーを置くとなるとちょっとぜいたくな気もしますが、コンビニでミネラルウォーターを買うと500mlで100円前後ですが、ウォーターサーバーの場合、12Lで平均1,500円〜1,800円なので、500ml換算で60円〜75円程度となりますので、毎日飲むのであれば、経済的負担はそれ程大きくないと思います。

 

デメリットとしては、電気代がかかったり、スペースをとったりしますが、節電機能を持ったサーバーやキッチンやリビングになじむデザイン性の高いサーバーもあります。

 

ウォーターサーバーの水は、大きく分けると「天然水」と「RO水」があります。RO水は、逆浸透膜(RO膜)でろ過した水で、安全性を重視する方に向いています。

 

ボトルも使い捨て型ボトルとガロンボトルがあります。ガロンボトルは、回収して再利用されます。

 

配送方式もワンウエイ方式とリターナブル方式があり、外出が多い方や空のボトルの保管スペースが無い方にはワンウエイ方式がおすすめです。

 

費用は、サーバーレンタル料+水の代金+電気代ですが、サーバーレンタル料は無料のところもあります。

 

その他にも注文のノルマがあったり、契約期間(拘束)が2年とか3年とかあったりする場合があります。

 

水を飲む女の子

このようにウォーターサーバーは、各社いろいろと特徴がありますので、それぞれのライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選ばれて、長く継続して使われるのが一番よいのではないかと思います。

 

以下に紹介するウォーターサーバーがおすすめです。

「コスモウォーター」

 

ウォーターサーバーなら、コスモウォーター!!



 

・水の質が高く、安全性に優れている。
・足元でボトル交換できるので女性でもラクにできます。
・次世代型クリーンエアシステムを搭載しているので、衛生面で安心安全です。
・ワンウエイ宅配システムを採用。
・赤ちゃんの飲み水にも適している。
・サーバーレンタル料は無料。
・放射性物質についての検査報告を公開しています。
・smartプラスには、チャイルドロックが温水にも冷水にもついています。

「フレシャス」

 

天然水のウォーターサーバーなら【フレシャス】



 

・ウォーターサーバー唯一のグッドデザイン賞受賞。
・業界最軽量7キロの使い捨てウォーターパック方式でお水の交換もラクラク。
・ウォーターパック使用後は、小さく畳んでゴミ箱に捨てるだけなので、回収の手間もいりません。
・3つの省エネ機能で電気代を約70%カット。
・クリーニング機能と無菌エアレスパックで安心。
・子供の手が届かない位置にボタンが配置されたチャイルドロック。
・給水口が高く、屈まずに水を注げる親切設計。
・常温水、90℃のリヒート(再加熱)機能、赤ちゃんに最適な70℃の温水など充実の温度設定。
・富士山の標高1,000mで採水したバナジウム入りの天然水をお求めやすい価格で販売。

 

健康に効果的な水の飲み方としては、喉が渇く前に水を飲むように心がけてください。また、いっぺんに飲んでも吸収される量は決まっているので、こまめに水を飲むようにしましょう。

 

それから朝、一杯の水を飲むこともおすすめです。

 

また、ウォーターサーバーは、お手入れをして清潔に使うようにしましょう。

 

浄水器

飲み水だけではなく、料理、洗顔、お風呂など毎日使う水が気になっている方には浄水器がおすすめです。

 

浄水器には、「蛇口直結型」「据え置き型」「ビルトイン」などのタイプがあります。浄水器にすれば、重たいペットボトルを買ったり、ボトルを交換したりしなくてもよくなります。

 

浄水器を取り付ける場合は、定期的にカートリッジを交換して清潔に使いましょう。

 

おすすめの浄水器を紹介します。

「浄水器きよまろ」

浄水器きよまろの公式サイトはこちら

 

家中の水が気になる方には、「セントラルタイプ」があります。「セントラルタイプ」とは、水道メーター器以降の水道配管に浄水器が設置され、家全体の水が浄水されます。

 

カートリッジの交換やメンテナンスは必要ですが、設置すれば、どこの蛇口をひねっても浄水された水が出てきます。

 

おすすめの「セントラルタイプの浄水器」を紹介します。

「ソリューヴ」

ソリューヴの公式サイトはこちら

 

その他に「ポット型浄水器」もあります。なんらかの事情で浄水器を取り付けすることができない場合などは、簡易的ではありますが、利用価値はありますよ。

 

また、携帯することができる「タンブラー浄水器」もあります。外に出ることが多い方には重宝するのではないでしょうか。

 

まとめ

人にとって水は基本中の基本なので、栄養を考える以前にまず体の60〜70%を占める水について考えて基礎を作ることが重要なのではないでしょうか。

 

また、消化器官などが未発達の赤ちゃん、アレルギー肌の敏感な方、また健康な方もすべての人にとって、水は毎日欠かせないものであり、おろそかにはしてはいけないものです。

 

家族の為にも将来の為にも、それぞれのライフスタイルや環境に合わせて、できる範囲で水に気を配り、グッドライフを送りましょう。